9月23日(金) 合川ダム 雨のちくもり 無風  ~16:30
水位 -3.0m(増水傾向+50cm/d) 白濁り 22℃
釣果 54匹(51,50,46,45,43,43cm他)
将軍川: ハイピッチャー5/16DW(24)ヴァルナF(1)ラウダー(4)タイニーブリッツDR(2)ブレードジグ(2)
日置川: タイニーブリッツDR(3)ブリッツ(10)ブリッツMR(2)ブレードジグ1/4(5)

週明けの台風の影響による減水模様の合川ダム。
一面のババ濁りかと思いきや、幾分マシな水色にクランクゲームが頭をよぎる。

予想以上に雨が強い曇天模様の中将軍筋へ。
ダムサイトのオレンジブイのラウダーにいきなり連続バイト!
5バイトで3本フックアップするも、一番でかそうなバスをバラしてしまう嫌なスタートだ、、、

シャローレンジのハイピッチャーを軸に釣り上がってみるが、昨日から2m程増水したとあって一段下のレンジの反応も悪くはない。
釣れるバスのコンディションも良く、一回り大きく見える程に太い。

釣っても釣ってもサイズが伸びず、上流域変温ラインのゴミ溜まり脇での43cmがブレードジグに出てほっと一息。
全体的にややカレントの効く岬周りや岩盤等、水位変動に強いエリア中心に釣れている雰囲気だ。


昼前に一旦桟橋に戻って午後は日置川筋へ!


日置川筋は水温が19.8~20℃と低く下流部は透明度もほとんどない濁りが広がっている。
これは釣れないな、、、と、帰るかどうか迷っていたところ、クリアラインに絡んだ放水ワンドの下流側岬で45クラスがブリッツにバイト!
しかし、あえなくフックオフ、、、

この反応により一応釣り上がってみる事に。
ポツリポツリとレギュラ以下のサイズがクランキングに釣れるがどうにも確信が持てない、、、
大滝まで釣り上がったものの反応無し、、、
一応ワイヤー下下流のオフショアのブッシュ周りをチェックしてみても反応は無い、、、無理だな、、、
そう思った瞬間、プロテクト岩盤からブレードジグにサンパチくん!

冷水から避難できるようなスポットにかなりタイトに潜んでいる!
クランキングで直撃するか、ブレードジグを落とし込むようなかなりタイトなアプローチが必須だ!

カレントは強いが吊橋まで上って流されながら釣り下ってみる、、、

ブリッツに強バイトがあったもののフックアップせず、代わりにブレードジグにグッドサイズが連続バイト!
これもプロテクトエリアのピンスポットだ。

カレントを避けてるなぁ、、、、

大滝まで戻って一応再チェック、、、!
ブリッツに3・連・発!!! 2発目が50cmのビッグサイズ!
d0051236_7263887.jpgd0051236_7271913.jpg

1時間前はもぬけの空だった大滝の流心部から飛び出したビッグフィッシュに状況が大きく変わり始めたのを確信!

再度ワイヤー下から吊橋エリアへ!
やはり、、、全然違う、、、インサイドのフラットエリアの岩影からブリッツMRに46cm!
試しにタイニーブリッツDRを沖の流心めがけて投げてみるとレギュラーサイズが釣れてみたり、、、

バスが一気に上流&シャローへ差して来たのが分かる。

吊橋から更に1つベンドしたところまで上ってカレントに流されるように釣り下る。
バスのポジションが手に取るように分かり、グッドサイズがどんどんバイトしてきます!
10lbラインのブリッツだとラインブレイクが怖いのでやや太めのラインのブレードジグでガンガンブチ抜く至福の時間!

先にブリッツで流したスポットを今度はタイニーブリッツDRでチェックするとギュイーーーン!!!
強烈なバイトと同時に竿先が一気に絞り込まれます!
切れる、、、!と思いましたがギリギリ踏ん張ってランディングしたのが51cmのビッグサイズでした!!
d0051236_7275516.jpgd0051236_7281140.jpg

カ・イ・カ・ン!!

その後もバイトは続きそうですが時間切れ、、、
ブリッツで戻りながらエリアSのワンド出口で45cmを追加したのが最後の40UPでした!



今回もまた日置川筋が大爆発!
今月は3回合川に浮かんでますが、日置川筋がイイ感じに釣れています。
しかもタイニーブリッツDRを中心としたクランキングが好調ですね!
[PR]
9月6日(火) 合川ダム 晴雨晴のちくもり時々雨 無風 ~16:30
水位 -2.0m 27℃台 日置川 ほんのり~白濁り
釣果 51匹(43~40cm ×11匹)
タイニーブリッツDR(18)ラウダー(2)阿修羅F(2)バジンクランクHH(2)ブレードジグ1/4F(2)ハイピッチャーMAX3/8(19)

先週に引き続き合川ダム。
前日の雨で状況が良化している事を期待したが、一見したところ劇的な変化は期待できないか?

状況変化は少なそうなのでまずは前回からの流れで日置川筋から。
放水ワンド周辺の岩盤エリアからハイピッチャーにファーストフィッシュを得た後、OSPポッパーのラウダー。

チョコチョコと首振りさせるよりも最大級のスプラッシュとポップ音を活かしたダーターアクションメインで攻めるとワンド奥の小インレットからサンパチ君。
ポッパーは基本的に野池でしか使ってこなかったけどこれは楽しい!

早々と釣果は出たものの、全体としてはやや魚影が薄い。
前回良かったワイヤー下に向かいながら入ると大滝周辺から状況が一変!
突如として40cm前後のグッドサイズ、グッドコンディションのバスがボッコボコに釣れる状態に変貌!
d0051236_935691.jpgd0051236_9352143.jpg

前回吊橋周辺に居たグッドサイズがやや水位が下がったことでこの辺りに集まっている感じだ。
メインルアーはハイピッチャーMAX。

釣果は一気に二桁を超え、一旦エリアを休ませる意味でエリアSに移動して再度ラウダー!

ポコン♪ おっ、出た出た、、、
35cmクラスに思ったけど異様に重いぞ、、、何か、、、イヤ~~な予感、、、(亀かも??)

違う!!ダブルヒットだ~~!!

35~サンパチクラスが2匹、ぐっちゃぐちゃになりながら寄ってきます、、、、
写真!!写真!!と、スマホ構えてグイッと竿を立てた瞬間、、、、、、、、、、、、プチッ、、、、、

人間様のエゴが生んだ悲劇、、、、

50UPをバラした以上のショックでした。(バスくんゴメン、、、)


桟橋で休憩を挟んで前の川へ。
ザッ、、と雨が降りましたが全然釣れません、、、
大岩周辺が赤潮だらけで状況が違うかも?と期待しましたが釣れません、、、

結局バジンクランクHHとハイピッチャーで小バスが少し釣れただけ。


再度日置川筋へ!
一段下2~3mレンジが気になるのよね、、、と、タイニーブリッツDRをキャスト!
d0051236_936147.jpg

うそ、、、、シンジラレナ~~イ!!

下流部を中心にエリア問わずのバイトラッシュ!!
巻き始め~最高深度までの各レンジ、バスが居れば口を使っている感じ。
最大は40cmでしたが得られた自信は大きい!

そしてメインの大滝~ワイヤー下。
中間エリアのオフショアのレイダウンブッシュ周辺まで23℃低水温の濁りが来ていて、そのブッシュ周辺にバスが集まっている!

まずはハイピッチャーMAXでバイトラッシュ!!
そして2度目の流しはブレードジグ!!
d0051236_9361534.jpg

ビッグフィッシュとはいきませんでしたが、ぶりっぶりコンディションのグッドサイズばかりのラッシュでした!

最後はタイニーブリッツで追加して50本釣果となって終了!



前回は50本釣果狙って失敗、、、50UP確保
今回はビッグフィッシュ狙って失敗、、、50本釣果

バス釣り始めて20年経ちますが釣りってわからんもんですな、、、
[PR]
9月2日(金) 合川ダム 晴れのち時々曇り 無風のち中風 ~16:00
水位 -1.0m 27~28℃ 下流ほんのり 中上流概ねクリア
釣果 24匹(50,45,44cm他)
ハイピッチャー1/4&5/16DW(18)ベントミノー86F(1)ブリッツEXDR(1)ドライブスティック6"NS(4)

夏の残り香を求めて合川ダム。
状況が全く掴めないのでハイピッチャーを軸に全域を足早にチェックしてみる。

用意したタックルは僅かに3セット。
メインタックルはフルキャストすればラインが足りないという準備不足が如実に、、、こんなので大丈夫か?

まずは将軍筋から。
釣り始めてすぐにシャローレンジの魚の出足が鈍いと感じる。
それでも岩盤シェードがイージーフィッシュのパターンで、ビッグフィッシュは馬の背状の張り出し周辺部の激シャローに陣取る構図。
このビッグフィッシュにはアプローチが決まれば口を使う感じだがポジションが掴みどころがなくバイトに持ち込めたのも僅かに1度きり、、、しかも乗らず、、、

中流から上流へと釣り上がるが状況は芳しくない、、、
数日前の雨で増水したのち減水傾向でメインフィッシュがシャローから一段レンジを下げているように思える。
シャローレンジの魚はストラクチャーやカバーに依存せずニュートラルな雰囲気だ。

最上流~BWエリアは21℃で大小バスもウヨウヨ。
トップウォーター中心に狙ってみるが釣れたのはドライブスティックNSで、サイズもレギュラーフィッシュ、、、

ややエリアを下げてハイピッチャー。
吊橋下流インサイドの岩盤に投げたルアーに遥か彼方からすっ飛んで来たビッグフィッシュがものの見事にバイト!!
超まぐれフィッシュだが千載一遇のチャンス!
50UPあるかも!?と、慎重にやりとりして船べりまで寄せたものの痛恨のフックオフ、、、

気落ちしたまま一気にに下流へ向かいながら高速で釣っていると釣太郎ワンド下流側の岩盤からグッドサイズがバイト!
今度こそ!!!も虚しくまたもやフックオフ、、、  

中流エリアでミドルレンジに03ハンツを落とし込んでみるがいまいち。
ハマれば応えはすぐに返ってくるはずなので深追いはしない。
結局将軍では最下流の小ワンドのインレットから44cmが1本釣れただけで目立った魚は釣れず。


水の動きと状況改善の早さを求めて日置川筋へ。
将軍同様魚影はあまり濃くはないが、バスのポジションがストラクチャーやカバーにより強く依存している。
これは狙い易くバイトも深い!
と言ってもミスバイトの嵐なのですが、ルアーに触れてくれるだけ可能性が上がる!

バイトが深い分、釣果は伸びるがサイズがなかなか、、、
中流ワイヤー下エリアの魚影が濃く、グッドサイズの反応も悪くはなさそうだ。

最上流エリアは転覆船からの燃料流出で湖面が虹色に、、、イヤ~な臭いも漂ってます、、、
魚も居ますがあまりキャストしたくない、、、
BW近くでようやくキャスト開始!
ベントミノーとドライブスティックを交互に投げて反応を伺いますが、、、、バスがおらんがな!
諦めて戻ろう、、、ってタイミングでベントミノーにビッグフィッシュがガブリ!!

完全に油断した状態でのバイトに焦りまくりましたが時間を掛けて無事ランディング!
会心の50cmでした!!
d0051236_10153099.jpg

先のワイヤー下まで戻り、吊橋周辺の浮きゴミの目立つエリアを中心にハイピッチャーを通してみると45cmクラスが2度バイト!
1匹だけランディング出来たのが45cm!

後は中下流の岩盤シェードでイージーフィッシュを集めて20本釣果に乗せ、最後のチャンスはイールポイントから!
50cm近い?おデブなバスがゆっくりハイピッチャーをパクリ!
よっしゃーーー!とばかりにフッキングしたらスカスカスカ~~~!
ドラグがユルユル、、、、 そしてフックオフ、、、

痛恨のミスで幕を閉じました、、、



今回は久しぶりの釣行でめっちゃくちゃ下手っぴぃになってました、、、
やり取り下手なのは自覚してますが、キャストからランディングまでの一連の動作のギクシャク感がハンパない。
釣行回数が減って勘が鈍りすぎですね。
これまでなら難しい中でも拾い集めて形作ってきた釣果も取りこぼしている気がします。
[PR]
ようやく落ち着いた、、、
と思いきや夏の合宿シーズンで休みもなく過ごして来ました。

来月こそは、、、と思いを馳せるばかりです。

心機一転、タックルを入れ替えてみたいな、、、と思うようになってきました。
どれもこれもが10年選手ばかり、、、

リールのTDZあたりから後継機を2~3台。
何がイイかな~?


活動再開を機に1年以上休止していたフェイスブックの方も併せて再開したいと思っております!
[PR]
# by guruguruNOB | 2016-08-26 10:06 | Comments(2)
7月23日(火) 七川ダム 曇り時々小雨 無風  ~10:30
水位 101m 28℃前後 アオコ
釣果 22匹(41,41,40cm) 、、、デカイの2本バラシ
ベントミノー86F(6) ドライブスティックFATノーシンカー(4) ハイピッチャー1/4DW(9) バジンクランク(2) 阿修羅F(1)

短時間釣行の舞台は七川ダム。
曇天模様でコンディションとしては悪くないはずと期待して臨んだ釣行であるが、一面のアオコに愕然。
アオコの七川、、、苦手意識が強いんだよね、、、

普段古座川本流ばかりなので今回は平井川を回ってみる。

中下流部をベントミノー86F&釣り上がるが、急深エリアの張り出し周りで僅かに反応があるだけ。
5gの03ハンツで岩盤のエグレや、岬周りのやや深いレンジを軽くチェックしてみるが反応は無い。

これはもう中下流部は捨てて湯の花橋上流エリアをぐるぐる回るしかないというのが朝イチの印象。

湯の花橋下流のストレッチからやや反応が上向き、フィーディングフィッシュを狙ってベントミノーを中心にキャストを続けてみる事に。

本命の湯の花橋上流側のフラットエリア。
ここで明らかなビッグフィッシュがベントミノーに次々アタック!

4度のビッグバイト中、2度フックアップに持ち込むが、痛恨の連続バラシ、、、、、50cmクラスのイイ魚でした、、、

結局釣れたのはMAX40cm止まり、、、

再度同エリアに入り直して今度はドライブスティックFATノーシンカー。
Warm951(3/0)という推奨フックからワンサイズ小さめのフックを使い、キャスト後は放っておくだけ~
カレントでもあればドリフト気味に流す事もできますが、カレントもほぼない状況ではただただ待つだけ。

コツッ!と気持ちのイイバイトで40cmクラス!
もう少しいいサイズも掛けましたが、これもバラシ、、、 相変わらずのバラシ癖、、、、

少しエリアを湯の花橋下流側に移してオフショアのインビジブルなティンバーを狙って阿修羅F。
ものの見事に41cm!


湯の花橋上流エリアの3周目はハイピッチャー!
陽が昇ってくるとストラクチャーに付いて狙い易くなるはずですが、曇天模様では反応もやや薄く、レギュラーサイズ数本追加して予定していた20本釣果達成!

時間は早いですが戻る事に。

ハイピッチャーで各エリアをチェックしながら戻りますが、先の阿修羅で40UPを仕留めたティンバーからブリブリのサンパチ君が飛び出したくらいで何事もなく納竿。

グッドコンディションを生かしきれない釣行となりました、、、


途中僅かに雨が降りましたが、レインスーツを着なくてもOKレベルで状況の改善とまではいかなかったのが残念ですね。

アオコだけでもなんとかしてくれーーー
[PR]
6月23日(木) 合川ダム 雨のちくもり 無風  ~16:00
水位 -1.5m 濁り~ババ濁り 水温??(多分かなり下がってる)
釣果 19匹(49,47cm他) バジンクランクHH(3)ブリッツ()ハイピッチャーMAX()ブレードジグ(1)

梅雨空真っ只中の合川釣行。
6月という事で定番のカレントの効くエリアでのYAMATOJr&バジンクランクを使ったトップウォーター戦略をメインにしてみる。

降り続く雨での水温低下は否めず、キツめの濁りとあってトップウォーターだけではなかなか難しい、、、
そこで逃げとしてのクランキング&ハイピッチャーMAXを用意しておく。

濁りに比較的強い将軍筋とは言ってもかなりの濁りでまずはハイピッチャーMAXで様子見。
ダムサイト近くのガレ場からガツンと一発!
いきなり49cmのグッドサイズ!
傷ついて痩せてはいるものの、アフターからの回復組の季節感漂うイイ魚でした!
d0051236_8451085.jpg

これで気を良くしてYAMATOJr&バジンクランクで釣り上がってみます。
バジンクランに僅かな反応があるだけでレギュラーサイズ、、、

古屋のワンドまで何事もなく上がり、やや水色が変わったタイミングでたまらずハイピッチャー5/8MAX投入!
冷たそうだから居ないかな、、、と投じたインレットへのキャストにビッグバイト!
小枝に巻かれながらも4号フロロに任せて力任せに引き寄せ船べりへ!
このまま一気にランディング!!と思った瞬間に痛恨のアーム折れ!

普段なら絶対やらないミス、、、普段よりヘビーなタックルで気が大きくなりすぎてました、、、
(今回、インレットでの反応はこの1回きりでした、、、)

仕方なく上流目指してYAMATOメインで釣り上がりますが、バスは著しくスロー。
ここぞというスポットにバジンクランクHHを浮かべて数秒待つとフワッっとバスが浮いて来ます。
そのタイミングでスローに巻き始めてようやくバイト!

出てくるのはスローですが、ファイトは強烈!
これまたアフター回復組の47cm!!
d0051236_8455350.jpg

反応はかなり薄いが最上流へ。
雨の影響で強めのカレントで、魚影はかなり薄い。
流れのヨレに単発的にビッグフィッシュが入っていたが、6”ドライブスティックノーシンカーをドリフト気味に通してのミスバイトに泣きました、、、

時間を置いて2回入ってみましたがマシなサイズはブレードジグへの41cmだけでした。

古屋のワンドに戻って小石垣脇のブッシュでの01ジグ11g+ドライブスティック4”にグッドサイズがバイト!
これもバラシ、、、

ミスだらけでボロボロですね、、、

最後はハイピッチャーとブリッツでレギュラーサイズを釣って形だけ整えた釣行になってしまいました。

結局は水温低下でバスの動きは鈍く、カバー&ストラクチャー絡みをタイトに攻める展開にすれば、然程状況は悪く無い。
完全に作戦失敗の釣行でした。

次頑張ろう!
[PR]
# by guruguruNOB | 2016-06-30 10:00 | Comments(6)
6月2日(水) 七川ダム 晴れ 無風~微風  ~11:30
水位 103m(平常) 23.5℃ 下流クリア 上流ほんのり
釣果 31匹(47cm) タイニーブリッツDR(10)ドライブスティック3.5”Tx5g(13)サイレントバジンクランク(2)ハイピッチャー(7)

半年ぶりの七川ダム。
状況も何もわからないが、ここ数日は安定した穏やかな天候が続いている。
水温は、、、23℃超!高い!
でも朝イチはメチャ寒い、、、

朝一はフィーディングフラットを中心にバジンクランク、陽が昇ってからは一段下のアフターガリガリちゃんをタイニーブリッツDRとドライブスティックのテキサスで狙う。

バジンクランク&阿修羅Fで古座川筋を釣り上がりながら様子を見るが、かなりクリアな状況でなかなかバスの反応が無い。
シャローレンジの個体数は著しく薄く、大規模な岬周りで僅かに反応があるだけ。

水をよくよく見ると、クリアの中にアオコ寸前じゃないの?という雰囲気を感じる。
この状況はかなり苦手なのよね、、、

バスの出処を探る為にハイピッチャーで片っ端から探すが、やはり水が他よりもイイと感じる僅かなスポットでポツリポツリとレギュラーフィッシュが拾える程度で決め手には欠ける。

畝ヶ崎のヘアピン周辺上流側から水色が変わって状況が変わるのを期待。
やや濁りが入ってるのでドライブスティック6”ノーシンカーでビッグフィッシュ狙いも込めてスローに探っていくがイマイチ反応が無い。

バスの動きがイマイチ重い。

最上流スロープ対岸のゴロタ岩周辺から3連続でビッグフィッシュの影!
ふわ~っと現れて消えていくだけでした、、、

ややエリアを下げて畝ヶ崎橋を中心としたストレッチでタイニーブリッツDR!
一段下のカバーを直撃するとここからレギュラーサイズのラッシュ!

今までのタフさが嘘のような連続バイト!
ビッグフィッシュの期待も高いが釣れるのはレギュラーサイズ、、、、


狙いはアフターのガリガリフィッシュだが、、、
水温高いし、完全にスポーンも終わってるし、、、回復以降やんね、、、

ヘアピンストレッチをドライブスティックのテキサスでスローに探るとブリッツDR同様レギュラーフィッシュ中心だが、やや身体に傷のある個体が混じり始めたのでややアフタースポーン寄りの季節感を感じる。
するとストレッチ最下流部のワンド出口の岩影から大きなバイト!

ようやく出ましたアフタースポーンの47cm!
まだ傷は残り、痩せてはいるものの体力は戻りつつある狙い通りの個体でした!
d0051236_58734.jpg

生コン前対岸の岩盤エリアに期待をしましたが、ここまで下ると密度が薄くなります、、、

朝のハイピッチャー同様、ポツリポツリ、、、とテキサスで釣れるのはレギュラーフィッシュのみ。
釣果も予定していた30本となり納竿、、、



今回は狙っていたアフターガリガリバスは思ったように釣れませんでした。
季節が予想していたより進んでいる感じですね。

そんな中タイニーブリッツDRへの好反応が嬉しかった釣行でした。
タフコン下の小型クランク。

バス釣りを始めたばかりの小型クランクを思い出しました。
[PR]
5月11日(水)合川ダム くもり時々雨のちくもり 中潮 ~16:00
水位 -3.0m(増水傾向+50cm) 日置川ババ濁り 将軍濁り午前16.8~17.0℃ 昼頃から18~20℃
釣果 39匹(55,52,51,48cm含40UP16匹)
ブリッツ(23) ヴァルナF(3) ブレードジグ1/4F+AT(8) 阿修羅F(1) バジンクランク(1) YAMATOJr(1)
ブリッツEXDR(1) ドライブスティック6’NS(1)

月曜から雨が降り続く中の一面濁りの合川釣行。
気温は20℃を示し、雨は上がっているものの南寄りのやや生暖かな待機の流れを感じる朝だ。

事前に水位を調べてみると前日の19時頃から一気に4mの減水させて下げ止まっている状態。
大潮周りで新たに出来たベッドは完全に干上がっているでしょう。

● 結果
言うなれば、絶好のブリッツDAY!!!!
d0051236_1412304.jpgd0051236_14125365.jpg

そして、フローティングヴァルナ!炸裂!!

d0051236_14133352.jpg


● 詳細 →→→
[PR]