「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
ようやく落ち着いた、、、
と思いきや夏の合宿シーズンで休みもなく過ごして来ました。

来月こそは、、、と思いを馳せるばかりです。

心機一転、タックルを入れ替えてみたいな、、、と思うようになってきました。
どれもこれもが10年選手ばかり、、、

リールのTDZあたりから後継機を2~3台。
何がイイかな~?


活動再開を機に1年以上休止していたフェイスブックの方も併せて再開したいと思っております!
[PR]
# by guruguruNOB | 2016-08-26 10:06 | Comments(4)
7月23日(火) 七川ダム 曇り時々小雨 無風  ~10:30
水位 101m 28℃前後 アオコ
釣果 22匹(41,41,40cm) 、、、デカイの2本バラシ
ベントミノー86F(6) ドライブスティックFATノーシンカー(4) ハイピッチャー1/4DW(9) バジンクランク(2) 阿修羅F(1)

短時間釣行の舞台は七川ダム。
曇天模様でコンディションとしては悪くないはずと期待して臨んだ釣行であるが、一面のアオコに愕然。
アオコの七川、、、苦手意識が強いんだよね、、、

普段古座川本流ばかりなので今回は平井川を回ってみる。

中下流部をベントミノー86F&釣り上がるが、急深エリアの張り出し周りで僅かに反応があるだけ。
5gの03ハンツで岩盤のエグレや、岬周りのやや深いレンジを軽くチェックしてみるが反応は無い。

これはもう中下流部は捨てて湯の花橋上流エリアをぐるぐる回るしかないというのが朝イチの印象。

湯の花橋下流のストレッチからやや反応が上向き、フィーディングフィッシュを狙ってベントミノーを中心にキャストを続けてみる事に。

本命の湯の花橋上流側のフラットエリア。
ここで明らかなビッグフィッシュがベントミノーに次々アタック!

4度のビッグバイト中、2度フックアップに持ち込むが、痛恨の連続バラシ、、、、、50cmクラスのイイ魚でした、、、

結局釣れたのはMAX40cm止まり、、、

再度同エリアに入り直して今度はドライブスティックFATノーシンカー。
Warm951(3/0)という推奨フックからワンサイズ小さめのフックを使い、キャスト後は放っておくだけ~
カレントでもあればドリフト気味に流す事もできますが、カレントもほぼない状況ではただただ待つだけ。

コツッ!と気持ちのイイバイトで40cmクラス!
もう少しいいサイズも掛けましたが、これもバラシ、、、 相変わらずのバラシ癖、、、、

少しエリアを湯の花橋下流側に移してオフショアのインビジブルなティンバーを狙って阿修羅F。
ものの見事に41cm!


湯の花橋上流エリアの3周目はハイピッチャー!
陽が昇ってくるとストラクチャーに付いて狙い易くなるはずですが、曇天模様では反応もやや薄く、レギュラーサイズ数本追加して予定していた20本釣果達成!

時間は早いですが戻る事に。

ハイピッチャーで各エリアをチェックしながら戻りますが、先の阿修羅で40UPを仕留めたティンバーからブリブリのサンパチ君が飛び出したくらいで何事もなく納竿。

グッドコンディションを生かしきれない釣行となりました、、、


途中僅かに雨が降りましたが、レインスーツを着なくてもOKレベルで状況の改善とまではいかなかったのが残念ですね。

アオコだけでもなんとかしてくれーーー
[PR]
6月23日(木) 合川ダム 雨のちくもり 無風  ~16:00
水位 -1.5m 濁り~ババ濁り 水温??(多分かなり下がってる)
釣果 19匹(49,47cm他) バジンクランクHH(3)ブリッツ()ハイピッチャーMAX()ブレードジグ(1)

梅雨空真っ只中の合川釣行。
6月という事で定番のカレントの効くエリアでのYAMATOJr&バジンクランクを使ったトップウォーター戦略をメインにしてみる。

降り続く雨での水温低下は否めず、キツめの濁りとあってトップウォーターだけではなかなか難しい、、、
そこで逃げとしてのクランキング&ハイピッチャーMAXを用意しておく。

濁りに比較的強い将軍筋とは言ってもかなりの濁りでまずはハイピッチャーMAXで様子見。
ダムサイト近くのガレ場からガツンと一発!
いきなり49cmのグッドサイズ!
傷ついて痩せてはいるものの、アフターからの回復組の季節感漂うイイ魚でした!
d0051236_8451085.jpg

これで気を良くしてYAMATOJr&バジンクランクで釣り上がってみます。
バジンクランに僅かな反応があるだけでレギュラーサイズ、、、

古屋のワンドまで何事もなく上がり、やや水色が変わったタイミングでたまらずハイピッチャー5/8MAX投入!
冷たそうだから居ないかな、、、と投じたインレットへのキャストにビッグバイト!
小枝に巻かれながらも4号フロロに任せて力任せに引き寄せ船べりへ!
このまま一気にランディング!!と思った瞬間に痛恨のアーム折れ!

普段なら絶対やらないミス、、、普段よりヘビーなタックルで気が大きくなりすぎてました、、、
(今回、インレットでの反応はこの1回きりでした、、、)

仕方なく上流目指してYAMATOメインで釣り上がりますが、バスは著しくスロー。
ここぞというスポットにバジンクランクHHを浮かべて数秒待つとフワッっとバスが浮いて来ます。
そのタイミングでスローに巻き始めてようやくバイト!

出てくるのはスローですが、ファイトは強烈!
これまたアフター回復組の47cm!!
d0051236_8455350.jpg

反応はかなり薄いが最上流へ。
雨の影響で強めのカレントで、魚影はかなり薄い。
流れのヨレに単発的にビッグフィッシュが入っていたが、6”ドライブスティックノーシンカーをドリフト気味に通してのミスバイトに泣きました、、、

時間を置いて2回入ってみましたがマシなサイズはブレードジグへの41cmだけでした。

古屋のワンドに戻って小石垣脇のブッシュでの01ジグ11g+ドライブスティック4”にグッドサイズがバイト!
これもバラシ、、、

ミスだらけでボロボロですね、、、

最後はハイピッチャーとブリッツでレギュラーサイズを釣って形だけ整えた釣行になってしまいました。

結局は水温低下でバスの動きは鈍く、カバー&ストラクチャー絡みをタイトに攻める展開にすれば、然程状況は悪く無い。
完全に作戦失敗の釣行でした。

次頑張ろう!
[PR]
# by guruguruNOB | 2016-06-30 10:00 | Comments(6)
6月2日(水) 七川ダム 晴れ 無風~微風  ~11:30
水位 103m(平常) 23.5℃ 下流クリア 上流ほんのり
釣果 31匹(47cm) タイニーブリッツDR(10)ドライブスティック3.5”Tx5g(13)サイレントバジンクランク(2)ハイピッチャー(7)

半年ぶりの七川ダム。
状況も何もわからないが、ここ数日は安定した穏やかな天候が続いている。
水温は、、、23℃超!高い!
でも朝イチはメチャ寒い、、、

朝一はフィーディングフラットを中心にバジンクランク、陽が昇ってからは一段下のアフターガリガリちゃんをタイニーブリッツDRとドライブスティックのテキサスで狙う。

バジンクランク&阿修羅Fで古座川筋を釣り上がりながら様子を見るが、かなりクリアな状況でなかなかバスの反応が無い。
シャローレンジの個体数は著しく薄く、大規模な岬周りで僅かに反応があるだけ。

水をよくよく見ると、クリアの中にアオコ寸前じゃないの?という雰囲気を感じる。
この状況はかなり苦手なのよね、、、

バスの出処を探る為にハイピッチャーで片っ端から探すが、やはり水が他よりもイイと感じる僅かなスポットでポツリポツリとレギュラーフィッシュが拾える程度で決め手には欠ける。

畝ヶ崎のヘアピン周辺上流側から水色が変わって状況が変わるのを期待。
やや濁りが入ってるのでドライブスティック6”ノーシンカーでビッグフィッシュ狙いも込めてスローに探っていくがイマイチ反応が無い。

バスの動きがイマイチ重い。

最上流スロープ対岸のゴロタ岩周辺から3連続でビッグフィッシュの影!
ふわ~っと現れて消えていくだけでした、、、

ややエリアを下げて畝ヶ崎橋を中心としたストレッチでタイニーブリッツDR!
一段下のカバーを直撃するとここからレギュラーサイズのラッシュ!

今までのタフさが嘘のような連続バイト!
ビッグフィッシュの期待も高いが釣れるのはレギュラーサイズ、、、、


狙いはアフターのガリガリフィッシュだが、、、
水温高いし、完全にスポーンも終わってるし、、、回復以降やんね、、、

ヘアピンストレッチをドライブスティックのテキサスでスローに探るとブリッツDR同様レギュラーフィッシュ中心だが、やや身体に傷のある個体が混じり始めたのでややアフタースポーン寄りの季節感を感じる。
するとストレッチ最下流部のワンド出口の岩影から大きなバイト!

ようやく出ましたアフタースポーンの47cm!
まだ傷は残り、痩せてはいるものの体力は戻りつつある狙い通りの個体でした!
d0051236_58734.jpg

生コン前対岸の岩盤エリアに期待をしましたが、ここまで下ると密度が薄くなります、、、

朝のハイピッチャー同様、ポツリポツリ、、、とテキサスで釣れるのはレギュラーフィッシュのみ。
釣果も予定していた30本となり納竿、、、



今回は狙っていたアフターガリガリバスは思ったように釣れませんでした。
季節が予想していたより進んでいる感じですね。

そんな中タイニーブリッツDRへの好反応が嬉しかった釣行でした。
タフコン下の小型クランク。

バス釣りを始めたばかりの小型クランクを思い出しました。
[PR]
5月11日(水)合川ダム くもり時々雨のちくもり 中潮 ~16:00
水位 -3.0m(増水傾向+50cm) 日置川ババ濁り 将軍濁り午前16.8~17.0℃ 昼頃から18~20℃
釣果 39匹(55,52,51,48cm含40UP16匹)
ブリッツ(23) ヴァルナF(3) ブレードジグ1/4F+AT(8) 阿修羅F(1) バジンクランク(1) YAMATOJr(1)
ブリッツEXDR(1) ドライブスティック6’NS(1)

月曜から雨が降り続く中の一面濁りの合川釣行。
気温は20℃を示し、雨は上がっているものの南寄りのやや生暖かな待機の流れを感じる朝だ。

事前に水位を調べてみると前日の19時頃から一気に4mの減水させて下げ止まっている状態。
大潮周りで新たに出来たベッドは完全に干上がっているでしょう。

● 結果
言うなれば、絶好のブリッツDAY!!!!
d0051236_1412304.jpgd0051236_14125365.jpg

そして、フローティングヴァルナ!炸裂!!

d0051236_14133352.jpg


● 詳細 →→→
[PR]
4月28日(木) 合川ダム 小潮 くもり(昼頃ポツポツ) 無風 ~16:30
水位 -1.0m(前日より夜の間放水減) 16.5~17.0℃ ささ濁り
釣果 47匹(50,50,49,49,47cm他40~44cm×12匹)
ハイピッチャー1/4DW(39) 5g03ハンツ+ドライブシュリンプ4インチ(3)
バジンクランクサイレント(2) ベントミノー106F(1) ドライブスティックNS(2)

スポーニングシーズンも最盛期を迎えた合川釣行。
前日のコールドレインと朝までの急減水でエリア差が気になるところである。

ハイピッチャーとトップウォータープラグを中心に各エリアを手早く探って状況をみていく事にする。

将軍下流から釣り上がっていくと、やや干上がった雰囲気はあるもののスポーニングの最盛期と言える状況で、ハイピッチャー5/16ozにスポーン期特有のショートバイトが目立つ。

そこでYAMATOjrとバジンクランクで表層をスローに探り、ビッグフィメールが飛び出さないかとキャストしてみるものの、バジンクランクにレギュラーサイズのバイトが僅かにあっただけである。

ハイピッチャーのウェイトを1/4ozに落とし、最もスローに引けるようにするとスポーンエリアの中でもやや水通しの良いエリアを中心にバイトが集中!瞬く間に10本、、、20本、、、と釣果は伸びるがサイズがイマイチ
伸びない。

古屋のワンドまで上り、再度トップウォーター、ベントミノー106Fで僅かに水面をくぐらせてみるとようやく47cmのグッドサイズ!
d0051236_2335557.jpg

中上流部に入るとややクリアアップし、前日のコールドレインの影響もあって魚影も著しく薄いが最上流エリアをドライブスティックノーシンカー!
グッドコンディションのメスバスの期待も高いがこの釣りでは辛うじて40UPと僅かな反応に終わりました、、、

昼前にポツポツと雨が降り、バスの反応もより上向いたところで再度将軍下流部でのハイピッチャー。
ゴンッ!ギュィーんとロッドを絞り込んだのは今年初の50UPでした!(50cm)
d0051236_23352368.jpg

ここから再加速!
ハイピッチャーでボッコボコに釣れるものの、抱卵したメスとなるとオフショアのブッシュ等の一段下かなと思わせるポジション。
ハイピッチャーへの反応からもインビジブルなベッドも相当数になるんだろうな、、、

その中からビッグフィッシュだけを射抜くとなるとかなり難易度高い、、、


日置川筋に入り、ビッグフィッシュを意識してややスローダウン。
中上流は水温が1℃以上下がり(17℃)かなりのクリアウォーターなのであまり上の方は探らず、丁度変温ラインとなっている4つ岬周辺から下流エリアを5gという軽めの03ハンツにドライブスティック4インチをトレーラにセットして落とし込んでいく。

ノソ、、、?と違和感を覚えて合わせてみるとギラギラとビッグフィッシュを期待させる猛ファイト!
この49cmを皮切りに更に49cm!そして放水ワンド対岸でトドメの50cm!
d0051236_23354415.jpg

d0051236_2335561.jpg
d0051236_2336928.jpg

今回は予想通り、、、というか、スポーンシャロー以外のエリアでは魚影が著しく薄くスローな状況でした。
前日の冷たい雨と減水の影響で更にエリア差が顕著に見られ、良さそうなエリアにおいてもベッドが干上がっていたりで、一段下のインビジブルなベッド周りの魚が釣れている印象を受けました。

そんな中でもいかに抱卵したメスバスを抜き出すかがこの時期の釣りなのですが、目に見えるビッグフィッシュをサイト等で仕留める以外は何年経っても難しいですね、、、

現状ではYAMATO等のビッグペンシルや最上流のドライブスティックなんかの出番が多いのですが、これらを一日やり通すとなるとなかなか勇気が出ません、、、
今回は状況を見る、、、とか言ってますが、ハイピッチャーに逃げただけ、、、というのがホントのところだったりしますね。


あぁ、、、冬が待ち遠しい、、、
[PR]
4月14日(木) 合川ダム くもりのち晴れ 無風 ~15:30
水位 120→119m(減水傾向) 16.5~17.0℃ 日置川白薄濁 将軍概ねクリア
釣果 35匹(MAX42cm 40UP×9匹)
ブリッツMR(6)ブリッツEXDR(9)ハイピッチャー5/16DW(3)ベントミノー86F(11)バジンクランクS(2)
ドライブスティック(3)ブレードジグ1/4F+アクショントレーラー

いよいよスポーニングシーズン突入。
釣るには事欠かないが、いかに抱卵したプリすっぽんのメスをゲットするかがテーマ。

平日にも関わらず先行艇が多数出ているようなので人気薄の日置川筋から。
前日の雨によりやや濁りが入っているので手っ取り早くブリッツMRで各エリアをチェック。
放水ワンドで幸先よく42cmのプリスポーンのメスをゲット!

時折ベッドフィッシュを見掛けるものの思った程の数は見受けられず、シャローフィッシュは釣れてもレギュラーサイズが中心。
そこで日置川中下流部の水通しの良いエリアを中心に徐々にレンジを下げて攻略していくと、ギルカラーのブリッツEXDRに40cm前後のグッドサイズのオスメス入り混じって楽しい釣りに!
大滝上流は水温が急低下したので無理に探らずUターン。

日置川を一回りして感じた事。
前日かなりイイ雨が降ったのにシャローが思いのほか低潮なのはどうしてだろう?

それが将軍筋に入って判明。
前日の雨は然程強く降らなかった事と、ダムからの放水で急減水!
ここまで安定した水位が続いていた事もあり、恐らくシャローのベッドフィッシュが干上がったんでしょう。

シャローフィッシュは残ったベッド依存の個体とレギュラーサイズ。。。
これらが思った以上に少ないのでベッドフィッシュを避ける意味でオフショアの一段下を狙ってベントミノー投入!

下手に水面下にルアーを入れる阿修羅Fよりも圧倒的に好反応!
日置川筋でのEXDRと同様、シャローフィッシュを直接狙うよりも一回り大きなサイズが釣れてきました。

ですがビッグフィメールとなるとなかなか、、、
途中、中流石垣エリアのブレードジグでビッグフィッシュを狙って抱卵バスをゲットしましたが40cm止まり、、、

最後に再度日置川筋のブリッツEXDRは好反応って事を確認して納竿。


今回はまるで正解が見えない釣りでしたね。
[PR]
# by guruguruNOB | 2016-04-20 08:45 | Comments(0)
4月1日(金) 合川ダム 弱雨 無風~弱風 ~15:30?
水位 平常+0.5~1.0m(119m台) 14.5~15.0℃ ほんのり~濁り
釣果 27匹(48~40cm×9 内♀7)
ベントミノー106F(2)ベントミノー86F(1) ヴァルナspec2(5)阿修羅F(2) 
ハイピッチャー5/16ozDW(14) ブリッツEXDR(1) ブレードジグ1/4(1) ドライブスティック6"NS(2)

2月以来の釣行は雨予報という事で合川ダム。
全く状況が分からないので、季節の進行状況を確認する意味合いの濃い釣行。

前日から天気が崩れ始めたので、状況が最も早く変わり易い日置川筋から。
まずはベントミノー106Fで反応を見ていくと、幸先よくヒット!
35cmクラスだが、脇に真っ黒な大きなプリすっぽんフィメール!!

季節がここまで進行しているとは、、、
例年より2週間程早いようである。

4つ岬1番先端部から本日最初の40UPがベントミノー106Fに!
シャローカバーではなく一段下から縦スト経由で突き上げてくる感じ。
試しにブリッツEXDRで直撃してみるとレギュラーサイズ。

ここからオフショアのレイダウンやティンバーパターンにビッグフィッシュを見出す!
大滝ストレッチを中心にワイヤー下までの区間でビッグバイト連発!

ベントミノー106Fではミスバイトが多く、ベントミノー86Fから最後はドライブスティックNS!

52~53cmクラスをミスった後の48cmに複雑な心境に、、、


ポツポツ雨が降り始めるとこれらのバスは姿を消した、、、

結局日置川では6本。


将軍筋に突入!
バイトが完全に遠のいたのでバスの出処をハイピッチャーと阿修羅Fで探っていく。
状況が分からないのでもう少し数を釣らないと、、、

最下流部左岸のレイダウン周りの阿修羅Fでレギュラーサイズが連発。

スポーンシャローでは既にカップリングしたバスがチラホラ見られる、、、日置川筋よりも進んでますね。

オフショアのティンバー絡みのハイピッチャーでレギュラーサイズがイージーに釣れてくるが、ビッグフィッシュのっメスだけを狙うとなると、フラットの沖っぽい、、、(上流だとショアでいいでしょうけど、、、)

これを狙うとなると、、、トップウォーター?
ベントミノー&バジンクランクで探るがあまりの効率の悪さにどうしても狙いどころの絞れるハイピッチャーに逃げてしまう、、、

中流から上流にかけてはやや状況が異なり、真っ黒な見えバスがアチコチでウヨウヨ、、、午後に降った2度目の雨でやや反応が上向いたがバイトには至らない。
これに2時間ほど縛られて結局釣れず、、、

結局見えたのはオフショアのレギュラーフィッシュと、スポーンフラットから時折飛び出す40前半のプリすっぽんフィメール。


最後は最下流のレイダウン脇からヴァルナspec2への5連発!
何もないバンクでしたが、恐らくインビジブルなブッシュかな?
これがビッグフィッシュじゃなかったのが残念ですが、終わってみるとそれなりのイイ釣果になりました。
d0051236_9151542.jpg

[PR]
# by guruguruNOB | 2016-04-03 09:07 | Comments(4)